医者

うつ病患者を増やす要因

社会変化がうつ病患者を増やすことが考えられます。

悩み

うつ病の原因は、医学的にはセロトニンという伝達が体内で不足することとされていますが、何が原因でセロトニンが不足するかはまだはっきりとはわかっていません。しかし、多くの人は生活の中で何らかのストレスがかかることで発病しているケースが多いです。特に人生の帰路や変わり目で発病するケースも多いです。 また社会の変化、例えば不景気な社会になり、非正規雇用や重労働、リストラ等が増えることでうつ病発病する人も増えているのが現状です。今後景気の問題だけでなく、高齢者が増えることで生産年齢人口層の負担がさらに高まることが避けられず、より一掃の負荷的な生活が生産年齢人口層に強いられるため、以上のような点からもうつ病患者は社会的に増えていくことが予測されることでしょう。

生活面における発病原因にも着目するようにしましょう。

治療にあたり、うつ病の原因となっているセロトニンに働きかけることは大切なことですが、多くの場合、生活の中で何らかの困難ごとがうつ病発病に繋がっているケースも多いです。つまり、抗うつ剤投与といった医学的なアプローチだけでは根本的な治療法になっているとはいえず、さらには生活の中で発病に至った原因もさぐり、そこにアプローチしていく必要があることが注意すべき点として挙げられます。したがって、治療そして生活の立て直しを図る際、相談支援機関を利用することが大切となってきます。そして医療機関も上手に利用しつつ、発病の原因となった生活要因に相談支援機関の支援専門家と向き合い、解決に励んでいくことが本格的な治療、そしてリハビリテーションになっていくことが考えられます。