医者

治療をして改善する

看護師

摂食障害は症状によって二つの種類に分類できます。ANは神経性食欲不振症と神経性過食症のBNに分かれます。
ANの症状は一般的に社会孤立や抑うつ、不安、強迫症状、完璧主義などが特徴的です。BNは、抑うつや不安、気分の変動などが見られます。飢饉状態になることで二次的な気分変動のような精神的症状を引き出すことがあります。
これらを治療していくときは症状にあった治療をすることが大切です。また患者一人だけでなく、家族や医療スタッフとともに治療をすることが大切です。摂食障害を改善するには患者の治療へのモチベーションが関係してきます。患者が若い場合には、慎重の成長や発達を長い目で見守ることが大切です。しっかりとカウンセラーや栄養士、学校や職場と上手く連携をとって治療を進めていくことが大切です。
基本的に治療をするときは内科や精神科などの病院に行くことが大切です。場合によっては、心療内科で治療を受けることもいいでしょう。

摂食障害の治療をするときには、外来治療と入院治療があります。外来治療になると通院をして食事摂取に関する治療を行なっていきます。また精神的な症状が出ているときはカウンセラーを中心に治療を行なっていきます。BNの場合はうつ症状のような心の症状が出ていることが多くあるので心に抱えている不安要素を取り除くようにしています。他にもいろいろな治療があり、しっかりと治療をしていくことができます。
摂食障害は、治療をしっかりと行なうことで必ず改善できる病気です。食事や体に関することや考え方を変えることで少しでも心身の状態を回復させられるでしょう。