医者

すぐに受診すること

突発性難聴は突然襲う原因不明な症状です

医者

突発性難聴は突然何の前触れもなく耳が聞こえなくなる病気です。原因や病態は未だに不明です。突発性難聴のタイプは感音難聴です。他に伝音難聴というものもあるそうです。 突発性難聴を治すには、早期治療が重要です。一刻も早く治療を始めることです。耳が聞こえなくなってから48時間以内に適切な処置が出来た場合は完治できる人が多いというデーターがあり、遅くとも1週間以内に治療しなければ効果は激減するそうです。1ヶ月過ぎても治らなければ聴力改善は難しく、高齢者にはその傾向があるとのことです。 突発性難聴になった人を診ると、野菜摂取量が少ない傾向にあった、発症前に疲労感を感じていた人が多かった、それにじんま疹、胃腸炎、高血圧、糖尿病などの生活習慣病の既往歴が多くみられたとのことで、誰もが注意すれば予防できることです。

放っておくと怖い突発性難聴

突発性難聴とは突然に起きる原因不明の難聴です。症状としては「突然片耳が聞こえづらくなった」と、突発的に起こることが特徴でほとんどの患者さんは耳鳴りや耳閉感を伴っています。突発性難聴はウイルス感染やストレスによって起こるなど様々あげられており、決定的な原因は現時点では不明です。 ですので予防はなかなか難しいとは思います。突発性難聴が発症した場合は早期治療と安静が重要になってきますので「何か音が聞こえづらいな」と感じたら早目に診察を受けることをお勧めします。 突発性難聴は、一般的には発症から一週間以内に治療を受ければ比較的治りやすいとされています。その逆で二週間を過ぎると治癒の確率は大幅に下がると言われていますので、やはり早目に医師の診断を受けることが大切です。